知
出

船ベロ案内人。 vol.2 ~ MeetsRegional編集長&副編集長 編 ~

2019.11.18

MeetsRegional編集長&副編集長

船場センタービルでセンベロ(1000円でベロベロ)=船ベロと題し、一軒予算は1000円までの、アポなしはしご酒を敢行するコチラの連載は、早くも第二弾!今回は、月刊誌MeetsRegional編集長・松尾さんと副編集長・藏ヶ崎さんをお招きして、ハシゴ酒を敢行してまいりました!

まずは、この地で50年の歴史を持つ、老舗へご案内。

まずは、この地で50年の歴史を持つ、老舗へご案内。

ーー普段は船場センタービルで飲まれる機会がほとんどないってお聞きして。今回は、ええ店を案内させてもらおう……という計画でして。

あんまり知らない場所なので、楽しみにしてました。思ってたよりも、めっちゃ店あるし活気もあって驚いてます。(松尾)

ーーですよね。早速行きましょうか。

ここは、船場センタービルがオープンした当初からやっているお店です。

ーーここは、船場センタービルがオープンした当初からやっているお店で、このメディアでもお世話になったことがあるお店で。煮炊きもんや鮮魚……と、酒盗なアテが豊富なんで、日本酒がグイグイ進むんです。

ほんまやね。二人で2000円ってことやから、おでんと日本酒1合のセットが900円やしそれは頼むとして……。アテは、小芋の煮付け、ぬた和え、公魚の天ぷらこれで2000円かな。(藏ヶ崎)

料理のオーダーをすれば、酒は1合を分けるスタイルでもイケる懐深さがニクい。

料理のオーダーをすれば、酒は1合を分けるスタイルでもイケる懐深さがニクい。

ーー完璧です。では、早速飲み始めますか。

スッと入っていく感じですね。飲みやすい、いい酒やね。(松尾)

ーー僕も、このセットを良く頼んでいて。いい酒ですよね。

丁寧な仕事ぶりは、彩り鮮やかな盛り付けを見ればわかる。

丁寧な仕事ぶりは、彩り鮮やかな盛り付けを見ればわかる。

いやー、これで2000円は安いなぁ。木の芽とか、紫蘇の芽とか、盛り付けのあしらいも綺麗やし。炊きもんからは、ええ出汁の香りもする。早速食べさしてもらいますね。(藏ヶ崎)

ーーここはもちろんなんですけど、船場センタービルには、本当に安くて美味い店が多いんですよ。だから、昔から通ってるであろう常連客も多くって。

なるほどね。知らんかっただけで、こんな店がたくさんあるんやったら、通いたくもなるよね。いやぁ〜、もう一杯飲みたいところやなぁ。でも予算的に難しいんやもんね。(松尾)

いやぁ〜、もう一杯飲みたいところやなぁ。

ーーすいません。一軒予算2000円までなので……。

自腹でもう一合……と、いきたいところやけど。我慢します。実はさっき、ぐるっとビル内を回ってみて、一軒気になる店があったんで、次はそこでもいいですか?(藏ヶ崎)

ーー了解です。次はそこにしましょうか。

続いて訪れたのは、ビル内随一の繁盛店。

続いて訪れたのは、ビル内随一の繁盛店。

さっきこの道を通ったときに、覗いたんやけど、めちゃくちゃ雰囲気が良くて気になってて。(藏ヶ崎)

ーー実はここ、僕が一番行っているお店なんですけど、常連客でいつも満席なんですよ。アテも安くて美味いし……さすがMeetsの嗅覚!

ここは瓶ビールでいきますか。

口開けは日本酒やったけど、ここは瓶ビールでいきますか。(松尾)

ーーアテはどうしましょうか。黒板が今日のオススメで、それ以外はズラーッと並ぶ短冊に書いてあります。

2000円やからなぁ。瓶ビールが550円やったから、残り1450円か……魚系いきたいな(藏ヶ崎)

それじゃあ、小エビの唐揚げ、きずし、赤魚の味噌焼き、冷奴でどう?これでちょうど1450円やわ(松尾)

ーーそれでいきましょうか。サービスのおでん頂いたんで、まずはこれで一杯やっちゃってください。

「これ、サービスです」と、サーブされたおでんは鰹出汁が香る上品な味わい。

「これ、サービスです」と、サーブされたおでんは鰹出汁が香る上品な味わい。

出汁が澄んでるし、カツオの香りもすごくいい。丁寧に出汁をとって、じっくり炊いたんがわかるわ。塩加減も絶妙やわ。(藏ヶ崎)

ーー入り口付近におでんの鍋がドーンとあるんですけど、出汁の香りだけで酒がイケちゃうんですよね。空いてたら、いつもそこに座ってます。お、きずしと奴が来ましたよ。

きずしは人気の品ゆえ、売り切れの場合も。訪れる際は確認を!

きずしは人気の品ゆえ、売り切れの場合も。訪れる際は確認を!

これもいいね。今、3人で来てるから3人分に盛り分けてくれる感じもニクい。締めすぎずにレアな感じが残ってるのも、鯖が新鮮な証拠やわ。……うん、旨い。大瓶一本じゃ、ぜんぜん足りひんな……これは。(松尾)

黒板にあったイチオシメニュー・赤魚の味噌焼き。香ばしい香りが杯のピッチを加速させる。

黒板にあったイチオシメニュー・赤魚の味噌焼き。香ばしい香りが杯のピッチを加速させる。

皮目に脂が浮いていて、見てるだけで美味いのがわかる。味噌の香りも香ばしくて……。もう一杯あかんかね?(藏ヶ崎)

ーーですよね。ルール上は、2000円までなんですが、実はボトルキープがありまして。特別に、そこから一杯奢ります……!

ボトルキープは1本1700円〜。水割りセットは1名200円。

ボトルキープは1本1700円〜。水割りセットは1名200円。

お兄ちゃんもボトルキープしてるんか。俺らはすごいんやで。これで185本目。数え始めたんは、1年くらい前からやけど(常連客)

いつも、仲のいいメンバーで飲みにくるという常連さん。ボトルがなくなったときに飲んだ人が入れるシステムゆえ、来ていない間にボトルのナンバーが進んでいることも少なくないそうだ。

いつも、仲のいいメンバーで飲みにくるという常連さん。ボトルがなくなったときに飲んだ人が入れるシステムゆえ、来ていない間にボトルのナンバーが進んでいることも少なくないそうだ。

1年に185本って……!2日に1本以上空いてる計算じゃないですか。めちゃくちゃっすね。(藏ヶ崎)

ボトルキープすると、飲み代が安くなるからね。でもね、ここは料理が丁寧で美味しいでしょ。だからついつい足を運びたくなるんだよね。(常連客)

カウンターにテーブル、ほとんどの席に常連客が。

カウンターにテーブル、ほとんどの席に常連客が。

ーーなかなか、いい時間になってきましたね。どうですか?船場センタービルは。

楽しかったですよ。さっきの方を見てても思ったけど、本当に常連さんに愛されてる感じがする。一軒目もそうだけど、ボトルキープがある店って常連さんが多い証拠なんだよね。(松尾)

ーーなるほど。

メニューの幅も純然たる和食だけじゃなくて、いろんなものがある感じとか、きっと常連さんが「あれ作って!」って言ったのがきっかけなんやろうなぁ。今日は連れてきてくれてありがとう!(藏ヶ崎)

ーーこちらこそ、ありがとうございました!

MeetsRegionalのお二人からも「常連さんが多い店が多いってことはええ場所!」

1軒目2軒目と盛り上がりすぎて、いい時間に!というわけで、今回の船ベロツアーは終了!本当は3軒回る予定だったのですが……。しかし、MeetsRegionalのお二人からも「常連さんが多い店が多いってことはええ場所!」と、お墨付きをいただけました。気になる、次回は街を引っ張る3名とはしご酒を行う予定です。乞うご期待!

MeetsRegional最新号の購入はコチラのリンクより!

取材・文・写真:ロマン

記事一覧に戻る

PAGE TOP